本文へスキップ

石央リサイクルセンター

作業内容works

島根県西部地区資源化事業協同組合の石央リサイクルセンターでの作業です。


缶の選別処理内容

活動報告写真

搬入された缶は、コンベアで選別ラインに運ばれます。
選別ラインでは、手作業により収集袋や異物などを取り除きます。
その後、「磁選機」でスチール缶をぬき取り、次に「アルミセパレーター」でアルミ缶をぬき取ります。
それぞれ機械によって取られた缶は、機械で圧縮して四角に固めます。

一時保管した後、スチールやアルミの原料等に加工する工場へトラックで出荷し、リサイクルされています。


瓶の選別処理内容

活動報告写真

搬入された瓶は、リターナブル瓶(そのまま再利用できる瓶)を取り除きます。
それ以外の瓶は、ラベルやキャップなどガラスでない物を取り除きます。
それらの瓶を、「透明」、「茶色」、「緑色」、「その他の色」に選別します。

大型トラック1台分貯まったら、それぞれガラス瓶や建築資材等の原料に加工される工場へ出荷します。


ペットボトル・プラスチックの選別内容

活動報告写真搬入されたペット・プラは、破袋機(袋を破る機械)にかけられて、
コンベアで選別ラインに運ばれます。
選別ラインでは、手作業でペットボトルを抜き取り、異物を取り除きます。
ペットボトルやプラスチックは、機械で圧縮して保管します。
ペットボトルは、原料に加工する工場へ出荷されます。
プラスチックは、「容器包装リサイクル協会(容リ協)」へ出荷をし、プラスチックの原料や燃料などに加工されています。

※ 容リ協とは、容器や包装用のプラスチックをリサイクルする為の全国組織です。そこでは、自治体からのプラスチックごみを、毎年入札で落札した再資源化業者へ引き渡す窓口業務を行っています。


資源ごみ収集作業内容

活動報告写真

浜田市から資源ごみ(缶、瓶、ペット・プラ、古紙)の収集事業委託を受けて、浜田自治区の収集作業をしています。

浜田市では、収集時に分別の悪いごみや収集日の違うごみがあった場合には、張り紙をして残すことになっています。

薬品やカセットコンロのガス、使い捨てライターなどの危険物は、収集車の火災の原因になります。浜田市の分別ルール―を守ってごみ出しをして下さい。


【お願い】

石央リサイクルセンターで扱う資源ごみは、選別処理をして「リサイクル」されています。
しかし、分別の悪い物や汚れた物(食べ残しや飲み残しのある物)はリサイクルできません。
又、
刃物注射針などの危険な物も入っている事もあります。ここでの分別作業の多くは、作業員による手作業で行っており、そのような混入物があると怪我をするかもしれません。
ごみを出される市民の方、1人1人のちょっとした気遣いや注意がないとリサイクルできません。
皆さまのご協力宜しくお願いします。

このページの先頭へ

石央リサイクルセンター

〒697-0002
島根県 浜田市 生湯町(うぶゆちょう)1909-31

TEL 0855-23-1808

map.htmlへのリンク